ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 防犯・安全 > 消費生活 > 【注意】周南市内で市役所職員をかたるうそ電話詐欺被害が発生しました

【注意】周南市内で市役所職員をかたるうそ電話詐欺被害が発生しました

印刷用ページを表示する更新日:2020年12月25日更新 <外部リンク>

市役所職員をかたるうそ電話詐欺により、お金をだまし取られる被害が市内で発生!

令和2年12月23日午前、周南市内居住の男性宅の固定電話に、『市役所地域課』をかたる男から「保険の戻りがあり、申請の期限が迫っている」「金融機関で手続きができる」といった内容の電話がありました。その後すぐに、『金融機関のコールセンター』をかたる男から「キャッシュコーナーがあるスーパーマーケットで手続きができる」「別々に還付があるから奥さんのキャッシュカードも持って行って、スーパーマーケットに着いたら電話をしてほしい」などという電話があり、相手の電話番号を教えられました。男性はスーパーマーケットに着いて、教えられた電話番号に携帯電話から電話をすると、『金融機関のコールセンター』をかたる男から「ATMへ行って、今から説明するとおりにATMを操作するように」などと言われ、電話で指示されるままATMを操作しました。その結果、男性と男性の妻名義の口座から、約246万円を相手の口座に振替送金して、だまし取られたというものです。

被害に遭わないために

「還付金がある」「スーパーのATMで還付金の申請ができる」などと電話で言われた場合は、うそ電話詐欺を疑い、一人で判断せずに、家族・友人・警察などに相談しましょう。
また、電話に留守番電話機能がある場合はそれを利用し、知らない番号からの電話には出ないようにしましょう。

不審に思ったら、すぐに相談しましょう

市消費生活センター ☎0834-22-8321(平日8時30分~16時45分)
消費者ホットライン ☎188 (いやや)

周南警察署 ☎0834-21-0110
光警察署(周南市熊毛地区) ☎0833-72-0110