ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金第1号被保険者・こんな時には届出を!

国民年金第1号被保険者・こんな時には届出を!

印刷用ページを表示する更新日:2021年4月1日更新 <外部リンク>
国民年金第1号被保険者の届出
こんなとき必要なもの届出先

第1号

資格取得届

20~59歳の方が、厚生年金保険の加入者でなくなったとき
  • 「年金手帳」   または   「個人番号確認書類および身元確認書類(例:マイナンバーカード1点、通知カードおよび運転免許証の2点)」
  • 退職した場合は、退職証明などの退職年月日のわかるもの
  • 事業休止などの場合は、その事実について確認できる証明書
  • 扶養から外れた場合は、その日のわかるもの
  • 本人以外の届出は委任状が必要な場合がありますので、お問合わせください。
保険年金課

総合支所

支所
20~59歳の方が、配偶者の扶養からはずれたとき
住所が変わったとき市民課で住民異動の届出をすれば、年金について改めて手続きをする必要はありません。
氏名の変更があったとき
(婚姻・離婚など)
市民課で戸籍の届出をすれば、年金について改めて手続きをする必要はありません。

※20歳になったときの手続きは、令和元年10月から原則不要になりました。対象者には日本年金機構から年金手帳と納付書が届きます。
※通知カードは、記載事項に変更がない場合または正しく変更手続きがとられている場合に限り利用できます。

関連リンク