ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報・情報 > 市からの発表資料 > 定例記者会見を開催しました(令和3年10月12日)

定例記者会見を開催しました(令和3年10月12日)

印刷用ページを表示する更新日:2021年10月14日更新 <外部リンク>
市では定例的に市長の記者会見を開催し、市の主要な政策や事業の発表を行っています。

発表事項

  • 「泊まって応援!周南お楽しみクーポン事業(第2弾)」について
  • 野犬対策キャンペーン
  • 八代、須々万地区間を結ぶコミュニティ交通の実証運行の実施について

録画配信

発表内容

「泊まって応援!周南お楽しみクーポン事業(第2弾)」について

「泊まって応援!周南お楽しみクーポン事業 第2弾」についてご説明します。
この事業は、「新型コロナウイルス感染症緊急対策」として今年8月の第6回周南市議会臨時会に補正予算として上程しご承認いただいた事業の1つでございます。
この事業は、新型コロナの影響を受け、大変厳しい状況が続く市内の宿泊業及び観光関連事業者を支援するためのものです。
市内への宿泊者を対象に、土産物店、飲食店、日帰り入浴施設、レジャー施設、タクシーなどで利用可能なクーポン券をお配りし、観光客の誘致促進と市内消費の拡大を図ることを目的としています。
この事業は、本市独自の取り組みで、市内の登録宿泊施設に宿泊料金の制限なく、宿泊された皆さまに、1回の宿泊につき1人1泊2千円分のクーポン券をお渡しします。
昨年度も同様の事業を実施し、5万枚のクーポン券を配布したところ、約85%が利用され、市内の飲食店の方からも大変好評をいただきました。
本年度は、昨年度より2万枚多い7万枚、延べ3万5千人に配布する予定です。
第2弾となる今回は、宿泊にもご利用いただけます。
配布期間は令和3年11月1日から令和4年2月20日、利用期間は11月1日から2月27日で、クーポン券がなくなり次第、配布は終了となります。
現在、この登録宿泊施設とクーポン券取扱店舗を募集しています。
これを機会に、より多くの皆さまに、周南市にお越しいただきたいと考えておりますので、報道機関各位におかれましては、周知へのご協力をよろしくお願いいたします。

野犬対策キャンペーン

次に、野犬対策キャンペーンについてお知らせします。
このキャンペーンは、本市の野犬の現状を知っていただくとともに、むやみなエサやりの禁止、犬の遺棄・虐待禁止を呼びかけ、野犬による被害が一日も早くなくなることを目的に、11月6日土曜日に久米地区の「イオンタウン周南久米」と櫛浜地区の「ファミリーマート周南栗屋店」で実施するものです。
今年度は、本日まで咬傷事件は発生していませんが、囲まれた・追いかけられたなどの被害は発生しています。
また、令和2年度に発生した咬傷事件5件の内3件が久米地区で発生しており、また、櫛浜地区においても未だ多くの野犬が確認されていますので、今年度は久米、櫛浜地区で開催することといたしました。
当日は、県、市のほか、地域住民やPTAの方々にもご参加いただき、地域と一体となって実施いたします。
私も会場に伺って、地域の皆様と一緒に呼びかけをさせていただきます。
このキャンペーンによって、野犬対策へのご理解と動物愛護の機運が高まることを期待しております。
よろしくお願いいたします。

八代、須々万地区間を結ぶコミュニティ交通の実証運行の実施について

最後に、八代、須々万地区間を結ぶコミュニティ交通の実証運行の実施についてお知らせします。
現在、八代地区の通院、通学等の生活交通として、コミュニティバス「友愛号」を、高水方面へ日曜祝日を除いた、毎日6便運行し、また、下松市の米川地区方面へは予約に応じた運行をしております。
運行内容につきましては、地域の主要団体から構成する八代地区生活交通検討協議会において、定期的に改善に向けた検討をしております。
今年1月に八代地区の住民を対象としたコミュニティバスに関するアンケート調査を行いましたところ、「友愛号」の須々万方面への運行について、回答者375名のうち半数以上から
「利用したい」または「条件が合えば利用したい」と回答がありました。
こうしたことから、利用者数のほか、ダイヤや便数など具体的な運行内容の調査を目的とした、須々万方面への実証運行を実施いたします。
実証期間は、令和3年11月2日から12月
17日までとして、期間中の祝日を除く、火曜日と金曜日に運行し、無料でご利用いただけます。
運行車両は、既存の車両を使用します。具体的には、火曜日と金曜日につきましては、高水行きの9人乗りの車両を須々万行きに、そして、米川行きの4人乗りの車両を高水行きにそれぞれ振り替え、米川行きは運休といたします。
詳しい運行内容につきましては、配布しております別添資料をご覧ください。
この実証運行の利用状況や、期間中に実施するアンケートの結果を踏まえ、本格実施に向けた運行内容を検討してまいりたいと考えております。