ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 道路課 > 古川跨線橋大規模更新事業

古川跨線橋大規模更新事業

印刷用ページを表示する更新日:2021年4月30日更新 <外部リンク>

古川跨線橋架け替え工事の進捗報告


(ご案内)今後の撤去工事について

令和3年4月末に、ご近隣の方々に以下の資料にてご案内をいたしました。今後、跨線橋は鉄道に架かる延長40mを越える橋りょうの撤去に工程が移っていきます。引き続き、地域の皆さん、道路を利用される皆さんのご理解ご協力をお願いいたします。

 資料: 古川跨線橋架け替え工事について(ご案内) [PDFファイル] 


(令和3年4月)北側橋梁撤去工事の進みぐあいについて

令和3年1月~4月の間、現場では、地下に埋まった柱(橋脚)の基礎部分のコンクリート塊の撤去や杭基礎の引き抜き撤去を行いました。長年大きな橋を支え続けた柱(橋脚)の地下には、大きな土台コンクリートやたくさんの杭基礎が埋まっています。これらについても騒音や振動に配慮しながら慎重に撤去作業を行い、4月末をもって、鉄道付近までの撤去作業を終えました。

※地下埋設管路との干渉により、一部地下に残さざるを得なかった土台や杭があり、これらは管路移設と併せて後に撤去を予定しています。

フーチング 杭抜 全景

(令和3年4月30日更新)

(令和2年12月)北側橋梁撤去工事の進みぐあいについて

12月18日をもって合計4スパンの上部工(橋桁)の撤去を完了しました。また、12月25日には、最北区間にて地下構造物の撤去が終わった箇所の仮舗装を行いました。線路内の長い橋梁撤去、また数年先の新設橋梁の製作のための作業ヤードが出来上がっていきます。年明けからも引き続き下部工(橋脚)の基礎部分の撤去を進めていきます。

撤去1 撤去2 舗装

(令和2年12月28日更新)

(令和2年11月)北側橋梁撤去工事の進みぐあいについて

先月2スパンの橋りょう上部工の撤去を終えた現場では、いよいよ第2工区の工事範囲に差し掛かりました。第1工区は引き続き擁壁の撤去を、第2工区は下部工(橋脚)の撤去及び3スパン目の上部工撤去の下準備を行っています。工事が進み、現地が広く使用できるようになってきたため、2班に分かれて施工することで工事の更なるスピードアップを図っています。引き続き、近隣皆さまへの影響を最小限に抑えつつ最大限の進捗が図れるよう、安全に工事を進めてまいります。

2スパン目完了 3スパン目足場 下部工養生

※騒音粉塵対策のため、防護シートの中で下部工を切断しています。

(令和2年11月11日更新)

(令和2年10月)北側橋梁撤去工事の進みぐあいについて

現場では、予定通りの工程で大きなトラブルなく順調に工事が進んでいます。本日より、延長13.5mの橋桁をクレーンによる吊撤去する作業を開始しました。事前に縦方向に切断した橋桁を1桁ずつ130t吊クレーンで慎重に吊り上げて撤去し、郊外の作業ヤードに運び出して小割破砕しています。長年、地域の産業と皆さんの生活を支え続けた橋は、無事にその役目を終え現場から次々撤去されていきます。 また、現場では切断作業により発生する粉塵や砂ぼこりの飛散防止のために、入念な散水作業を行いながら作業しています。

吊撤去 散水1 散水2

(令和2年10月8日更新)

(令和2年9月)北側擁壁撤去工事の進みぐあいについて

現場では、東側(徳山方面)側道に面した擁壁の撤去作業が概ね完了し、本日から西側(新南陽駅方面)の擁壁の取り壊しに着手しています。擁壁の地表部の取り壊しを終えると、いよいよ橋梁の撤去を始めます。現地では、橋桁の撤去に向けて足場の設置が行われています。

現在、大型の台風も近づいております。引き続き、現場の安全に、最善を尽くして取り組んでまいりますので、皆さんのご理解とご協力をよろしくお願いします。

現地写真  現場2

(令和2年9月3日更新)

(令和2年8月)北側擁壁撤去工事の進みぐあいについて

古川跨線橋撤去工事では、6月30日の着工後、周辺道路の大きな交通混乱等が発生しておらず、工事も順調に進捗しています。これもひとえに地域住民・周辺企業の皆さんのご理解とご協力のおかげです。

現在、工事現場では、北側の舗装版と盛土が撤去され、道路を支えていた擁壁の撤去作業が行われています。

側道幅員狭隘状況  擁壁取り壊し状況

右の写真のように、工事では、周辺環境に配慮して、トラックに積み込める大きさに切断したコンクリートの塊を一度郊外のヤードに運び出し、そこで小割破砕しています。

なお、左の写真のように、現在、側道の幅員が非常に狭くなっております。歩行者・自転車利用者や沿線にお住いの皆さんのご利用に精一杯の幅員となっていますので、引き続き迂回通行へのご協力をよろしくお願いします。

(令和2年8月5日更新)

古川跨線橋架け替え工事が始まりました

これまでご案内しましたとおり、古川跨線橋(昭和39年建設)は老朽化が進み、耐震性も不足しているため、以下の日時より、架け替え工事に着手いたしました。今後、跨線橋は長期間通行できなくなりますので、工事期間中は御影大橋や古市大橋などをご利用いただきますようお願いします。

  • 通行止め開始:令和2年6月30日 (火曜日) 正午~ (約10年)

川手交差点交通規制状況 野村三丁目交差点交通規制状況

資料 : 通行止め告知(迂回経路説明図) [PDFファイル]

※新型コロナウイルス感染拡大防止により説明会が開催できないことに伴い、ご近隣の方々には以下の資料をもって工事内容や施工計画などを周知しています。

資料 : 古川跨線橋架け替え工事が始まります(工事計画説明資料):第1回 [PDFファイル]

※跨線橋近隣にお住まいの方については、跨線橋の側道部をご利用いただけます。

※今後、工事の進捗や関連情報はホームページにて随時更新していきます。

(令和2年7月1日更新)

通行止めに先立って実施した渋滞対策や通学路等交通安全対策について(ご報告)

古川跨線橋の架け替え工事に伴い長期間の通行止を余儀なくされることから、市では、これまで周辺道路の渋滞対策や通学路を始めとする歩行者や自転車利用者の方の迂回経路の交通安全対策を講じてきました。

  1. 周辺道路の渋滞対策について
  • 通行止め後による交通変化の事前シミュレーションの結果から、予め行っておくべき対策を定め、国県道管理者・公安委員会・周辺企業と連携して、以下のとおり対策を行いました。

(対策内容)

  • 交通の流れが大きく変わると予想される箇所の交差点改良(右折レーンの延伸、事故対策等)
  • 臨海企業を対象とした通勤経路の転換施策
  • 周辺道路を対象とした広域的な信号機調整(連動変更、サイクルタイム、青時間変更等)

資料 : 古川跨線橋通行止めに伴い実施した渋滞対策(ソフト・ハード) [PDFファイル]

  1. 通学路等迂回経路の安全対策について
  • 通行止めにより迂回を余儀なくされる通学生を始めとする歩行者や自転車利用者の迂回経路の整備、安全対策を実施しました。

(対策内容)

  • 狭隘道路の部分拡幅
  • カラー区画線や転落防止柵の整備による通行環境の整備
  • カーブミラー等安全施設の更新
  • 地下道照明のLED化、通行区分明示よる交通安全対策

資料 : 古川跨線橋通行止めに伴い実施した通学路等交通安全対策 [PDFファイル]

(令和2年6月9日更新)

「周南市市政だより」で古川跨線橋架け替え工事の概要がご覧いただけます。

古川跨線橋架け替え工事に関するお知らせをケーブルテレビで放送しました。

こちらで見ることができます。

※この動画は、2019(令和元)年12月に収録したものです。この後、通行止め開始時期が変更となっています。

古川跨線橋大規模更新事業説明会(第2回)開催結果報告

周南市では古川跨線橋の大規模更新(架け替え)を予定しており、平成31年1月17日に富田東地区の自治会長様を中心にお集まりいただき、2回目の説明会を開催させていただきました。
ここでは、計画に関する当日の説明資料と、お寄せいただいた質問や要望に対しての市の考えをお示しいたします。
今後は、事業の着手に向けて、関係機関とさらなる調整を図り、地域の皆さまとともに本事業を進めてまいりますので、ご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

古川跨線橋大規模更新事業説明会(第2回)の開催報告について

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)