ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 道路課 > 国・県の道路事業推進に関すること

国・県の道路事業推進に関すること

印刷用ページを表示する更新日:2017年5月10日更新 <外部リンク>

市の国道・県道の道路整備事業への取り組み

臨海工業地帯に沿って発展した市街地と自然豊かな北部の農山地域を持つ周南市道路網は、広域幹線道路である国道として2号、188号、315号、376号、434号、489号の6路線を中心に圏域内幹線となる一般県道や市道等が接続し構成しています。
なかでも、国道2号は、本圏域の大動脈であり、生活、産業の幹線道路となり、戸田〜防府、熊毛〜徳山間は朝夕の交通混雑は著しく、道路の拡幅改良などの整備が求められています。
このことから、国道2号や県道徳山下松線などの東西幹線軸や都市部と北部を連絡する国道315号や県道新南陽津和野線など南北幹線軸の整備、また、都市間の人や物、情報等の交流はボーダレスになりつつあり、(仮称)周南道路など行政の枠を超えた新たな高規格幹線道路網の整備についても国・県へ要望してまいります。