ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 都市整備・まちづくり > 都市計画・建築・造成 > 景観 > 自家用広告物の許可について(令和3年10月から)

自家用広告物の許可について(令和3年10月から)

印刷用ページを表示する更新日:2021年4月23日更新 <外部リンク>

山口県屋外広告物条例の改正内容について

屋外広告物のルールが変わります [PDFファイル/910KB]

山口県土木建築部都市計画課ホームページへ<外部リンク>

(1)自家用広告物の許可対象化※令和3年10月から

禁止地域や許可地域内にある一定規模超の自家用広告物は許可を得て設置しなければなりません

自家用広告物とは、自己の住所または事業所、営業所等に表示する広告物またはこれを掲出する物件(店舗敷地内にある自社看板等)です。

許可が必要となる自家用広告物は以下のとおりです。※許可基準ではありません。

1)禁止地域内にあるもの:表示面積の合計が5平方メートルを超えるもの

2)許可地域内にあるもの:表示面積の合計が10平方メートルを超えるもの

※管理用広告物(自己の管理する土地、建物その他の物件に管理上の必要に基づき表示する広告物等)は許可は不要です。 ただし、店名やロゴの大きさなどによっては、管理用広告物とならない場合があるため事前にご相談ください。

※許可基準については、「屋外広告物のしおり」 [PDFファイル/2.27MB]をご確認ください。

※禁止地域や許可地域の詳細は、禁止地域と許可地域 [PDFファイル/337KB]をご確認ください。

※事務手続きについては、屋外広告物に関する事務(令和2年10月から)をご確認ください。

条例の改正前から存在する、上記に該当する自家用広告物も令和3年10月からは許可を得る必要があります

許可を得るためには、許可基準を満たすことが必要です。

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)