ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 防災危機管理課 > 新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(令和3年4月19日)

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(令和3年4月19日)

印刷用ページを表示する更新日:2021年4月19日更新 <外部リンク>

市長メッセージ

市民の皆さまへ

4月17日、周南市を中心とした大規模な、本市としては4例目となるクラスターが発生しました。

4月18日時点、このクラスターによる感染者は、本市以外の感染者を含め、累計で22名、うち本市の感染者は12名にものぼっています。

さらに、クラスター関連以外でもこの2日間で、8名の感染者が確認され、まさに周南市にも感染拡大による第4波の波がせまっており、感染拡大を防ぐうえで大変重要な局面を迎えています。

そこで、市民の皆さまに重ねて、感染の再拡大防止に向けお願いをいたします。

感染拡大を防ぐためには、市民の皆さまお一人お一人の行動が、最も大切です。

身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いなど、新しい生活様式を実践していただき、特に、飲食を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話など、感染リスクが高まる5つの場面で最大限の注意を払うようお願いいたします。

さらに、感染防止対策に取り組む飲食店を利用するなど、より一層慎重な行動をとり、十分な感染防止対策の徹底をお願いいたします。

そして、飲食店等の皆さま方におかれましては、座席間の距離の確保、適切なアクリル板の設置、換気の徹底や利用者へのマスク会食の呼び掛けなど、今一度業種ごとの「感染対策予防ガイドライン」に基づく感染防止対策を徹底していただきますようお願いいたします。

まもなくゴールデンウイークの時期を迎え、県外からの帰省や来訪等、人の移動が増えることが予想されます。

「まん延防止等重点措置」の対象区域への往来については、不要不急の往来は極力控えるとともに、その他の県境をまたぐ移動についても、移動先の地域の感染拡大の状況や自治体の発する情報に留意して、慎重に判断され、やむを得ず移動される際には、万全の感染防止対策を講じられるよう強くお願いいたします。

今が大変重要な時です。感染の再拡大を抑え込むためには、市民一人ひとりが高い危機意識を持つことが一番大切です。みんなで、感染防止対策の徹底に取り組みましょう。市民の皆さまのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

令和3年4月19日

周南市長 藤井 律子